「借金1・2・3」トップページ > 特定調停 >

特定調停の方法

特定調停とは、話し合いによって、借金を減額してもらい、元金を3年〜5年の期間で返済する約束をすることをいいます。

特定調停の手続きは、専門家の代わりを裁判所がすること以外は、任意整理とまったく同じ流れで進むことになります。

裁判所が債権者と債務者の間に入って弁済計画を作成し、結果的に債権者との間で合意が得られた場合には、調停調書と呼ばれる書類が作成され、その調停調書にもとづいて、債務者は元金を3年〜5年の期間で返済していくことになります。

特定調停は原則として債権者の住所、営業所を管轄する簡易裁判所に申し立てをすることになります。

債権者は営業所を複数持っている場合は、本店ではなく取引をした営業所を管轄する簡易裁判所に申し立てることになります。

特定調停の手続き中には債権者から給与の差押えなどを受けても、調停成立の見込みがある場合などの一定の要件が満たされていれば強制執行手続きを停止することができます。


借金