「借金1・2・3」トップページ > 特定調停 >

特定調停のデメリット

特定調停は、任意整理と同様、話し合いによる合意が基本である手続きであるので、債権者が必ず債務者の主張に応じるとは限らない点がデメリットです。

特定調停による借金の減額は、貸金業者との間での利息制限法の金利引きなおしによる減額作業が中心であるので、貸金業者との取引が1〜2年と短期の場合は、過払いの利息も比較的少ないといえ、大幅な減額は見込めないと思われます 。

また、銀行系のローンのように、もともと法定利率内で借りる契約をしている場合は、利息制限法の金利引きなおしによって元金に組み入れる払い過ぎである利息がないので、減額は難しいといえます。

利息の過払い金について、返還を請求するには、不当利得返還請求訴訟という訴訟手続きによって、あらためて求めていくことになります。


借金