「借金1・2・3」トップページ > 特定調停 >

特定調停とは

特定調停法の正式名称は、「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」といいます。

特定調停法は、特定債務者の経済的再生に資するため、民事調停法の特例として特定調停の手続を定めることにより、特定債務等の調整を促進すること、を目的とした法律で、2000年2月17日から施行されています。

特定調停の申立ては、自己破産や個人再生よりも比較的容易にすることができ、申立費用も割安です。

任意整理は裁判所を利用しないで、司法書士や弁護士が直接債権者と交渉するのに対して、特定調停は、裁判所が債務者と債権者との間に入って話し合い(調停)を進めていきます。実際には、調停委員が本人の代わりに債権者と交渉をします。

債権者との交渉および利息制限法の過払い利息の引きなおしによって債務額を減額し、減額された借金を、債務者は3年間(特別の事情があるときは、5年間)で返済していくことになります。


借金