「借金1・2・3」トップページ > 債務整理 >

債務整理と家族の問題

家族が保証人になっていない限り、借金を返済する義務はありません。したがって、取立てに応じる必要はありません。

また、借金をした人が亡くなった場合、その借金は相続されますので、相続した人には支払い義務が生じることになります。資産より借金のほうが多いなどの場合のように、相続することで不利益が生じる場合は、家庭裁判所に対して相続放棄の申述をすることで、支払い義務を免れることができます。

債務整理を家族に秘密にして行いたいという方もいます。たしかに、裁判所などから家族に通知などがいくわけではありません。しかし、債務整理の手続きをしていくにあたって、家族の協力を得なければならない事が多々ありますので、家族に内緒で処理をするのは非常に難しいと考えられます。

特に、特定調停や自己破産や個人再生の手続では、平日の昼間に裁判所に出頭し審尋を受ける必要があることや、裁判所から自分だけでなく同居の親族の収入等に関する資料の提出を求められることがあるため、同居の親族に対しては事情を説明せざるを得なくなる場合が挙げられます。


借金