「借金1・2・3」トップページ > 債務整理 >

どの方法を選ぶか

債務の整理をするには、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産のという4つの方法がありますが、このうちから、どの方法を選択すべきであるかは、家族の状況・人生設計、現在と今後の収入・資産内容、債権の総額・債権者の数・債権者の属性(銀行・クレジット会社・消費者金融・ヤミ金融、取引履歴の内容など)といった諸事情を考慮して選択をすることになります。

また、上記の4つの手続きのなかには、それを利用するために、法律で一定の条件が必要とされている手続きがあります。その場合、債務者の方が、その条件を満たしているかを判断する必要があります。また、4つのそれぞれの手続きに、メリット・デメリットがあり、検討を要するといえます。

そのためには、債務整理の方法に精通した法律専門家に相談をする必要があるといえます。


借金