「借金1・2・3」トップページ > 債務整理 >

債務整理の手続きの流れ

債務整理のどの方法を選択すべきであるかについては、現在および今後の収入・資産内容、債権の総額・債権者の数など、債務者の諸事情を考慮したうえで、選択することになります。

まず、債務者のその時点での債務の総額がいくらであるかを聞くことになります。

次に、収入を聞くことになります。(これは、毎月の手取りの収入と、賞与を含めた年間の総収入の双方です。)

そして、この収入額から、生活に最低限必要な金額等を引いて、月々に借入金の返済にいくらまで充てることができるか、を聞くことになります。

そして、月々に返済可能な金額から、3年間(原則)で総額いくら払えるか、ということを計算します。

借り入れ金額に対して、3年間で返済が可能なようであれば、特定調停という方法を取り、手続きを進めることになります。

特定調停が不可能であれば、他の債務整理の方法である、任意整理、個人再生、自己破産のうちから、債務者に適した手続きを選択することになります。


借金