「借金1・2・3」トップページ > 債務整理 >

債務整理の方法

債務の整理をするには、次のような4つの方法があります。

  1. 任意整理
    裁判所を利用せずに、司法書士や弁護士が債務者の依頼を受けて、債権者(貸金業者など)との間で、支払方法などについて交渉を行う方法です。利息制限法で利息を計算し直して、返済金額や返済期間(通常は3〜5年)を新たに決めるものです。任意整理が成立すれば、多くの場合、分割弁済の期間中 の利息の免除を受け、返済したお金は元本に充当され、確実に債務は弁済されていきます。
  2. 特定調停
    任意整理と同様に分割弁済を目的とする方法です。簡易裁判所に調停を申し立て、裁判所の調停委員の協力を受けながら、債権者との交渉をします。
  3. 自己破産
    裁判所に破産の申し立てをして、債務者の財産の清算を行う方法です。最終的には、債務の免除を受けて債務者の生活の再生をめざす手続です。破産の申し立てと同時に、免責許可の申し立てをして、免責許可決定を受けた場合には、債務が免除されることとなります。
  4. 個人民事再生手続
    原則として3年間(特別な事情があれば最長5年間)で、一定の金額について分割弁済を行う計画を立て、この返済計画が裁判所で認可されれば、残りの債務が免除されるものです。また、住宅ローンを抱えている人については「住宅資金特別条項」を利用することで、自宅を手放すことなく、生活の再建を図ることも可能です。
    これらの方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。どの方法を選択すべきであるかは、現在と今後の収入・資産内容、債権の総額・債権者の数など債務者の諸事情を考慮して選択することになります。

借金