「借金1・2・3」トップページ > 任意整理 >

任意整理での問題点

任意整理はあくまで債権者との交渉であることから、自己破産や個人債務者再生のような強制力はないので、給与などの差押を阻止することはできません。

また、自己破産手続きと異なり、返済すべき金額が減額されるとはいえ、債務を返済することが前提とされているうえ、返済すべき額も個人債務者再生手続きよりも多額となることが多いです。

そして、債権者との交渉によって、どの程度債務者にとって有利な条件を獲得できるかという問題もあります。

このような点からすると、毎月一定額の返済にあてる金額を捻出できないような状況にある人の場合は、任意整理を利用することは困難であるといえます。


借金