「借金1・2・3」トップページ > 任意整理 >

任意整理の方法

任意整理は、次のようにすすめます。

まず債務調査をして債務を確定します。債務者の手元にある借用書、領収書、振込金受取書等から借り受け年月日、借り受け金額、返済年月日、返済金額を整理し、債務調査票を作成します。借用書、領収書等が手元にない場合は、直接、債権者に債務調査票を送付して回答を求めることとなります。

そして、その債務調査の結果にもとづいて、債務を確定する作業を行います。ここで、利息制限法に基づいた引きなおし計算をして、残債務を確定します。整理案は、身内などから援助が得られるなどで、まとまった資金調達が可能である場合は、一括弁済案を作成します。

これが困難な場合には、毎月の収入から、生活に最低限必要な経費を差し引いて返済にあてられる金額を確定し、これを配当原資として各債権者の債権額に応じて毎月弁済していく分割弁済案を作成します。弁済期間は3年〜5年程度であり、この期間に返済が無理なときは自己破産をするということになります。

整理案が作成されると、これを各債権者に送付し、同意が得られたら弁済を開始します。多くの消費者金融クレジット業者が利息制限法以上の高利をとっており、また、自己破産されるとほとんど借金を回収することができなくなるため、任意整理に応じるケースが多いのです。


借金