「借金1・2・3」トップページ > 任意整理 >

任意整理のメリット

任意整理によって債務整理をすることのメリットとしては、以下のような点があげられます。

  1. 手続きにあたっては、当事者のみによってなされ、裁判所が介入しないので、住民票や戸籍謄本、給料明細といった提出書類を集める必要がないので手続きが比較的楽であるといえます。
  2. 自己破産、民事再生のような裁判所が関与する公権的な債務処理ではないので、一部の債権者を除外することが可能です。例えば、借金に保証人がいるが、任意整理をすることにより、その保証人に迷惑をかけることができない、車をローンで購入したが、仕事でどうしても必要なので、手放すわけにはいかない、といったような事情がある場合、任意整理は有効な手続と言えるでしょう。
  3. 自己破産のように、手続きの期間中、一定の職業への就業が制限されるといったような、公私の資格制限は一切ありません。
  4. 任意整理による貸金業者との和解は、すべて将来利息を免除するものとなります。
  5. 利息制限法超過利息の支払をしている場合には、利息制限法による利息額の引き直し計算によって、残元本の減額が可能になります。
  6. 利息制限法超過利息を取っている貸金業者との取引が長期(一般的には7年以上)に渡る場合は、利息制限法引き直し計算によって、残元本以上の返済をしている場合があります。その場合、多くの場合には過払い金の返還を求めることが可能です。

借金