「借金1・2・3」トップページ > 任意整理 >

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せずに、司法書士や弁護士が私的に債権者と話し合いをすることで、借金の減額や利息の一部カット、減額した借金の返済方法などを決め、債権者(貸金業者)と和解を求める手続のことをいいます。

任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないため、債権者は話し合いに応じる義務はありませんので、債務者個人で債権者に交渉を求めても、相手にしてもらえないこともあります。

したがって、任意整理は事実上、債務者が個人で行うことは困難であり、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することとなるでしょう。

債権者との間で、和解案に合意が成立した場合は、その和解案に従って、3年〜5年の間で借金を返済していくことになります。

任意整理のなかでも、特に消費者金融業者を相手にする場合は、グレーゾーン金利の過払い金の返還請求が大きな割合をしめます。


借金