「借金1・2・3」トップページ > 個人再生 >

個人再生が失敗した場合

せっかく個人再生手続によって返済をしてきたものの、また返済が出来なくなり、最終的には自己破産せざるをえなくなってしまう場合があります。これが、「再生手続の失敗」といわれる問題です。

多額の借金を負ってしまい、債務整理をせざるをえなくなったときに、再生手続を選択するのが適当であるかどうかについては、家計の状況など、さまざまな事情をよく検討する必要があります。

自分の収入、生活に必要な金額から勘案して、返済を続けると生活がぎりぎりであるような場合であれば、再生手続によって毎月返済をしていくよりも、むしろ思いきって返済しないですむようになる自己破産手続をとり、今後に備えて家計と生活の立て直しをはかって再出発するというほうがよりよい選択かもしれないからです。

感情的に自己破産手続を選択することは避けたいと言う方が意外と多いのですが、自分にとってどの手続きを選択するのがよいのか、専門家のアドバイスを受けるなどして、よく検討する必要があります。


借金