「借金1・2・3」トップページ > 個人再生 >

個人再生による借金の減額

個人再生手続では、まず初めに、住宅ローン債権と他の一般再生債権を分けて減額の手続が行われます。

まず、一般再生債権については支払額が大幅に減額されます。具体的には、

  1. 住宅ローン以外の借金が100万円未満の場合はその額まで、
  2. 100万円以上500万円以下の場合は最大100万円まで、
  3. 500万円を超え1500万円未満の場合は最大5分の1まで、
  4. 1500万円以上3000万円以下の場合は最大300万円まで、
  5. 3000万円を超え5000万円以下の場合は最大10分の1まで、

減額可能とされています。

個人再生の場合には、このようにして減額された借金を、原則として3年以内に分割で支払っていくことになります。この支払期間は、特別の事情がある場合には、5年まで延長されます。

これに対して、住宅ローンの債権は、個人再生手続をしても減額はされず、返済期間の延長をしてもらうことになります。

こうすることで、借金を始めとする一般再生債権についての負担を減らす一方で、自宅は手放さなくてよい債務整理の方法です。


借金