「借金1・2・3」トップページ > 個人再生 >

個人再生とは

個人再生手続とは、裁判所を通じて借金を減らし、残額を分割で支払っていく手続きです。

個人再生手続は、多額の債務を抱えている個人債務者について、裁判所の監督のもとに、債務の一部を弁済する再生計画を立て、それを実行に移せば、個人の残債務が免除されるという制度です。

民事再生法に規定されている「小規模個人再生」、「給与所得者等再生」を利用した債務整理の方法が「個人再生」です。再生計画により減額された債務を、3年間(特別の事情がある場合は5年)の分割払いで返済していくという債務整理であり、破産と異なり、現在の財産を処分する必要はありません。

多くの場合は、利息部分のみの免除となる任意整理に対して、元金部分をも減額できるというメリットがあります。なお、個人再生手続きにおいては、債権額の確定(利息制限法引き直しなど)などの債権者との交渉に手間がかかることから、司法書士・弁護士に依頼するのが一般的です。


借金