「借金1・2・3」トップページ > 自己破産 >

自己破産で注意する点

自己破産を申立てして、破産者となるかどうかは、「免責決定」が裁判所からおりないと、借金の支払い義務を免れることはできません。

免責が認められるかの判断にあたっては、申立人についてのさまざまな事情が判断されます。

浪費やギャンブルなどで借金を作った場合は、免責がおりにくいと言われていますので、注意が必要です。

また、すでに過去7年以内に自己破産をしている方の場合、2回目の破産はできないことに注意が必要です。

いったん自己破産をすると、官報に名前や住所などの個人情報が掲載されます。一般の人は官報を見る機会はあまりありませんが、これを利用して、ヤミ金などの悪質な金融業者がダイレクトメールを送りつけてくるなど、標的とされるケースもあるようです。


借金