「借金1・2・3」トップページ > 自己破産 >

自己破産申立の方法

自己破産の申し立ては、申立人の住所を管轄する地方裁判所に行います。

申し立ての際には、作成した申立書一式、債権者一覧表などの債権関係の書類一式、申立書に添付する必要書類一式を裁判所に提出します。

これらの書類を提出すると、裁判所書記官によって、書類に不備がないか、自己破産の要件を満たしているか、免責が認められない場合にあたらないか(免責不許可事由がないか)といった点を細かくチェックされます。ここで、書類に問題がなければ、申し立てが受理されます。

もし、この段階で、裁判所書記官に、自己破産は無理であるとか、免責は受けられないとして、申し立てを受理してもらえない場合は、自己破産ができないことになってしまいます。

このように、自己破産の申し立てに際して必要となる書類は種類が多く、内容も専門的であり、複雑であるため、事前に法律専門家に相談してから手続きを進めるのが望ましいでしょう。


借金