「借金1・2・3」トップページ > 自己破産 >

自己破産の制度

自己破産は、法律が認めた、いわば人生の再スタートを切るための制度です。

生活苦、病気や怪我、失業、他人の保証人になってしまったなど、借金を払えなくなってしまう原因は多岐にわたります。

特に近年では、不況のあおりを受けて、倒産が相次ぎ、また、医療・年金など社会保障費の増加などから、借金を払えなくなってしまう人の数は増えています。

しかし、そのような人を救済するための、最終的な借金解決の手段として自己破産の制度があるのです。

自己破産は、債務者が借金を支払えなくなってしまった場合に、債務者が有しているすべての財産を、債権者に公平に配当し、そのうえで免責を得られれば借金がなくなる制度です。


借金