「借金1・2・3」トップページ > 自己破産 >

自己破産とは

自己破産とは、債務者が経済的に破綻し、その資力をもって債務を弁済することができなくなった場合、生活に欠くことのできない最低限の生活必需品を除いた全財産を換価し、債権者に対し、債権額に応じて平等に分配することを目的とする裁判上の手続きのことをいいます。

クレジット・消費者金融などから、多額の負債を抱えた方の、いわば「最後の救済手段」として、定着しつつあります。また、破産による生じる不利益も一般に考えられているほどではありません。

さらに、平成17年1月1日に施行された新破産法により、自己破産制度は今まで以上に利用しやすくなりました。

自己破産の申立てをして、「支払不能」と認められると破産手続開始決定がされることになります。

この支払不能にあたるかどうかの判定は、申立人の収入・資産状態によって大きく異なります。

例えば、月収20万円前後の一般サラリーマンの場合は、クレジットや消費者金融からの借金の総額が200万円〜400万円である場合、月々の支払が8万円〜10万円となるので、「支払不能」にあたると判断される可能性が高いです。

破産手続の開始決定がなされ、その後免責が決定すると、債務者の借金の支払義務はすべて消滅することになります。


借金